診療案内

形成外科は意外と身近な診療科です。

形成外科は意外と身近な診療科です。

学術的には体表面の異常・欠損などをなるべく元の状態に回復させる、というとても難しい説明になりますが

体表面→皮ふや爪など、体の表面のこと
異常・欠損→けがやヤケド、できもの、巻き爪、なかなか治らないきずやきずあとなど
を治療する診療科です

つまり転んだり、切ったり、やけどしたり、日常生活の中で起きるきずを治療しています

さらに特殊な縫合技術やきずへの専門知識によって「きずあとが残りにくい」治療を行うことが形成外科の最大の特徴です

整形外科や皮ふ科とは違うの?

形成外科が体の表面の異常を診る診療科であるのに対し、整形外科は骨や筋肉など運動機能の異常を診る診療科です
例えば、ひざを曲げたりするのが痛い時は整形外科、転んでひざをけがした場合は形成外科の受診をおすすめします
その他にも皮ふ科との違いをよく質問されますが、形成外科は皮ふの外科とも言われ境界線はっきりと区別するのは難しいですが、外科ですので薬での治療だけでなく、症状によっては手術による治療も行います

保険適応外の治療も取り入れています

見た目(外見)に大きく係わりのある診療科のため、治療効果に対する満足感にはどうしても個人差があります
ですが一般的に健康保険と言われる保険適応の診療範囲では治療に限界があるのが実状です
そこで健康保険が適応されない治療も取り入れ患者さまのお悩みの軽減を目指しています

どこの病院に行ったらいいかわからない時も

病院に行くほどの事なのか、どこの病院に行ったらいいんだろう、迷った時はまずご相談下さい


診察カレンダー

2021年4月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

2021年5月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31