ピックアップ

お知らせについて書いています。お知らせについて書いています。

久しぶりに会った知り合いに、「最近眠そうな眼をしているね」と言われる事ありませんか??
テレビを見ているときに、「おでこのシワが増えたね~」  なんて言われていませんか??
眼瞼下垂の原因は
①生まれつき  
②加齢(変性)によるもの 
③その他
に分けられ、②は徐々に進行するために自分自身では気づきにくいこともあります。 
上まぶたが瞳孔(瞳の真ん中)にかかってくると、知らず知らずのうちに眠そうな眼をしていたり、反対に一生懸命眼を大きく開けようとして額に深いしわが刻み込まれていることも!!
頑張って大きく眼を開けようとして周囲の筋肉に無理な力がくわわり、その結果で頭痛・肩こりが生じていることがあります。
また視界が狭くなっているのが目の疲れの原因かもしれません。
このような症状に思い当たる方は、ぜひ当クリニックにご相談ください。
眼瞼下垂について、さらに詳しく知りたい方は、院長ブログ「院長風解体新書」をご参照ください!! 
眼瞼下垂(がんけんかすい)


はやと形成外科では、鹿児島市内でのクラスター発生による新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、再度以下の取組を進めて参ります
患者さまにはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご協力をお願い致します

お車でお待ち頂く場合があります

はやと形成外科クリニックは通常予約優先診療を行っています

予約外の患者さまは、待ち時間をご了承頂いた場合は、そのまま待合室でお待ち頂いておりましたが
待合室での感染拡大を防ぐため、状況によってはお車でお待ち頂くようお願いする場合があります
急患以外の方はできるだけ予約の上、予約時間を守ってご来院頂くようご協力お願い致します

急患の方への対応

急患の場合は、まずお電話をお願い致します
その際の院内の状況によっては来院時間をこちらから指定したり
来院後に、診察までお車でお待ち頂くようお願いする場合があります
特にお子様のケガは心配で、ご家族、親族たくさんの方が付添でお越しになる方がいらっしゃいます
お越しの際、院内へは患者さまひとりに対し保護者、介護者1名で対応をお願いする場合があります

またおひとりで複数のお子様のお世話をされている保護者の方で
来院時お子様の預け先が確保できずお連れになる場合は遠慮なく受付にご相談下さい

来院時にはマスク着用をお願い致します

2歳以下のお子様を除き、来院時にはマスクの着用をお願い致します

来院時には手指消毒をお願い致します

入口にアルコール手指消毒剤を設置しております
院内に入る前にご使用下さい
アルコールにアレルギーがある、手が荒れるなどある方は手洗い場をご案内致しますので
受付スタッフまでお声掛け下さい

体調不良の方は来院をご遠慮ください

発熱や咳など症状のある方は来院をご遠慮下さい
予約されている場合はキャンセルのご連絡をお願い致します


5月21日は「ニキビの日」ってご存知ですか?



詳しい経緯は不明ですがシオノギ製薬さんが2010年から5月21日を「ニキビの日」として制定したとのことです^^
  詳しくはシオノギさんのサイトへ ☞ ニキビの日

シオノギ製薬さんは、日本では画期的だったレチノイド様作用を有するアダパレン含有のニキビ治療薬(フランス:ガルデルマ社製造)を、2008年から国内販売を開始しました(現在は別の製薬さんが関わっています)。
それまで日本はニキビ治療の後進国と言われており、ニキビ治療のメインは抗生剤か殺菌作用のある塗り薬などでしたので、治療効果は飛躍的にあがりました。
最近では過酸化ベンゾイル含有のニキビ治療薬も保険診療で使用できるようになり、ようやくニキビ治療が世界のレベルにまで到達したと言われています。

ニキビが青春のシンボルと言われていた時代もありますが、ニキビをほっておくと目立つニキビ痕になり、これはナカナカ治りません。
なるべく早めに、正しい治療を、根気よく続けることをお勧めします!

はやと形成外科クリニックは思春期ニキビ大人ニキビも治療を応援します!(^^)!

 ニキビについて当院ブログ ☞「ニキビ・ニキビ痕」
 マルホさんの公式サイト  ☞ニキビ一緒に治そうProject


5月5日は「子供(キッズ)」と「傷(キズ)」をかけて、2017年に日本創傷外科学会が「キ(ッ)ズケアの日」として申請し認定された日でもあります。
はっきり言ってダジャレです、が、オオマジメです。
お子さんは常日頃からケガをする機会にあふれています。
特に最近の外出自粛の風潮で、溜まったストレスが家の中で爆発・大暴れして、家の中でも傷だらけ、ってこともありますよね?
いまは連休中で空いている病院も限られていますので、応急処置について。

院長風解体新書に~「ケガ」や「ヤケド」の応急処置~ というテーマですでに書いてありますので(クリックを!☞「ケガ」や「ヤケド」の応急処置)して参考にしてくださいね。
さらには日本創傷外科学会の実績ある先生方が、キズの状態を細かく分けて、それぞれの応急処置及びその後の対処法について詳しく書かれています(☞日本創傷外科学会)ので、ぜひ時間のある時にご一読くださいませ。

ケガをしないことが一番良いのですが、ケガはいつ何時おこるかわからないもの、万一の際に慌てないようにお役に立てば幸いです(*^。^*)


こんにちは、カウンセリング担当平田佳奈子です。
コロナ、大変なことになってますね。
そのせいか「免疫を上げよう!」って最近特に耳にしませんか?

いろいろな制限が多くてストレスが溜まりがちですが、ストレスも免疫力低下要因のひとつですので
ちょっと気分転換に視点を変えたお話しを。

この免疫力って実は美肌にも効果的なんです。
肌のお悩みを抱えて来院頂く方は「シミ」が多くなったことをきっかけとされる方がほとんどで、
レーザーをシミに照射すると魔法のようにシミが消えてなくなると思って来院される方が少なからずいらっしゃいます。

確かにレーザーはシミに対して有効な治療法ですが、レーザーを照射したから薄くなるという訳ではないのです。
ざっくりとした言葉で説明すると
シミの元「メラニン」が年数をかけて蓄積し、かたまりとなってしまうと大きなシミとして目立つようになります。
レーザーはこのシミのかたまりを砕く役割をします。
砕いたメラニンを代謝してくれるのが免疫細胞です。
レーザーを照射後、シミが薄くなるまでの過程には時間がかかり個人差がありますと説明するのも
その方の免疫細胞の働きに差があるからということなのです。

ということは、免疫を上げておけばメラニンも蓄積されにくい!ということになります。
よくよく考えるとコロナ対策って美肌対策にもなることが多いかもしれません。
「おうちにいよう」→紫外線にあまり当たらない
「口や目に触れるないように」→肌に不必要な刺激を与えない
「免疫を上げよう」→ターンオーバーの正常化

免疫力強化には睡眠やら乳酸菌やら発酵食品やら、なんやらかんやら・・・
ご自身に合った方法で免疫力を高めてもらって、おまけに美肌になれるかも♡
先行き不安な状況ですが、前向きな気持ちを忘れずに乗り切りたいですね!

免疫力強化の一環なのでしょうか、コロナ疲れでしょうか、
にんにく注射も大変ご好評いただいております。
水曜日がお得です!





診察カレンダー

2020年8月

1
2
休診日
3
手術日
4
手術日
5
6
休診日
7
手術日
8
9
休診日
10
休診日
11
手術日
12
13
休診日
14
手術日
15
16
休診日
17
手術日
18
手術日
19
20
休診日
21
手術日
22
23
休診日
24
手術日
25
手術日
26
午後休
27
休診日
28
手術日
29
30
休診日
31
手術日

2020年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30