スタッフブログ

免疫」という言葉を耳にしたことがある方は多いと思いますが、いったいどういうものでしょうか?
免疫とは、体外から侵入してくる細菌やウイルスなどの異物を攻撃し排除する身体のしくみで、私たちの身体にもともと備わっている機能です。
私たちの身体を守ってくれるための大切な防衛機能ですが、もともとは無害であるはずの抗原(花粉や食物など)の侵入にたいして過剰に機能してしまうと、身体にとって不都合な反応を引き起こしてしまい、これをアレルギー反応とよんでいます。
アレルギーを詳しく分類するとⅠ型からⅣ型に分けられますが、花粉(抗原・アレルゲン)に誘発されて直ぐに症状がでる花粉症などの、即時型アレルギーであるⅠ型が一般的にはよく知られています。他にも、血液の病気や膠原病など、アレルギーが特殊な病気の原因になっているものもありますが、ここでは割愛させていただきます。詳しくは、わかりやすく解説されている内科の専門の先生方のブログなどを探してみてくださいね。

フードアレルギー(食物アレルギー・食物過敏)には、エビ・カニ(ほかにも卵・牛乳・ソバとかいろいろ)などの食べ物を摂取してすぐ(数秒から数時間の間)に痒みや蕁麻疹などの反応が出る「即時型」とよばれるものと、摂取して数時間から数日経って症状が出る「遅延型」とよばれるアレルギー反応があることが最近の研究では言われており、前者はIgE抗体依存性、後者では非IgE抗体依存性(主にはIgG抗体またはIgA抗体が関連)の反応に分類されています。


「遅延型」アレルギーは慢性的な疲労や原因不明の身体症状などさまざまな健康障害に関与している可能性が示唆されています。
有名テニスプレーヤーのジョコビッチ氏が、遅延型アレルギーに基づく食事改善を行って世界ランキング1位になった話は有名です(ジョコビッチの生まれ変わる食事 著:ノバク・ジョコビッチ)。
即時型のように、接触してから15-30分程度で痒みや蕁麻疹、呼吸困難などがあれば原因はある程度はっきりしぼられますが、遅延型フードアレルギーは症状が直ぐには現れないため、正しく判断することが困難です。
なんとなく調子が悪い、原因不明の蕁麻疹やニキビが治療しても治りにくいなどの症状が続くときには、もしかしたら普段何げなく摂っている食べ物に原因があるかもしれません。通常のアレルギー検査で不調の原因がはっきりしなければ、「遅延型」アレルギー検査を行うのも一つの手段かもしれません。
ただIgG抗体やIgA抗体の関与する遅延型アレルギーは、IgE抗体の関与するものと違って、まだ研究が始まってからの歴史が浅く十分なエビデンス(科学的根拠)に不足している面があり、あくまでも参考程度にしておくのがよいと思われます。
皮膚科や内科で行われる一般的なアレルギー検査は、IgE抗体の検査であり保険適応ですが、フードアレルギーの非IgE抗体検査は保険で認められていませんので、保険外(自費)診療となります。
思いもしなかったような食べ物や大好物の食べ物に強い反応が出ることもありますが、その食べ物が全く食べられなくなるわけではありません。検査結果から、どのような食生活を送ればよいかのアドバイスをもらうことができ、反応が強い大好物も、頻度や間隔を考えて食べる計画を立てることができます。
実際にその食生活を送ることで調子が良くなれば、とてもLuckyなことだと思いませんか?

当院ではアンブロシア株式会社の遅延型アレルギー検査を行っております。
検査内容は日本人の食生活に合わせた食物過敏セミパネル120項目・フルパネル219項目があり、採血が必要です。分析・結果報告には2週間前後かかります。
費用は医療保険が使えないため自費となります。
検査には診察が必要ですので、まずは電話でご相談・ご予約をお願いいたします。


霧島市でも感染が拡大している新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、再度以下の取組を進めて参ります
患者さまにはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご協力をお願い致します

家族など身近な方が濃厚接触者と指定された方や学級閉鎖になった方

お急ぎの症状ではない場合は、濃厚接触者の方の隔離期間終了後に受診をお願い致します
お薬が不足し処方を希望される方は、車での診療など対応致しますので、来院前にお電話にてご相談下さい
急なけがややけど、痛みが強いなどの症状がある方は、まずお電話にてご連絡をお願い致します

周囲の感染状況を詳しくお伺いすることがあります

急なケガややけどの場合で処置が必要な場合、ご連絡を頂いたお電話にて、周囲の感染状況を詳しくお伺いすることがあります
あまり気分の良いものではないと思いますが、院内感染予防のため、何卒ご協力をお願いします
その状況のよっては、処置の前に抗原検査をお願いすることがあります
風邪のような症状がない場合の検査は健康保険適応外となるため、検査キットの実費として3,300円頂戴致します
(この検査で、無症状でも陽性となった場合は対応が変わります)

県外から帰省された方、ご家族に帰省された方がいる場合

薬の処方など、お急ぎの症状ではない場合は帰省された日から、2週間経過する頃の受診予約をお願い致します
またご家族に県外から帰省され方がいる場合も同様にお願い致します
急なけがややけど、痛みが強いなどの症状がある方は、まずお電話にてご連絡をお願い致します
帰省された日時、帰省経路など詳しくお伺いすることもございますが、ご協力をお願い致します

お車でお待ち頂く場合があります

通常予約優先診療を行っていましたが、しばらくの間、急患以外は予約診療とさせて頂きます

急患の場合は、まずお電話をお願い致します
その際の院内の状況によっては来院時間をこちらから指定したり
来院後に、診察までお車でお待ち頂くようお願いする場合があります
特にお子様のケガは心配で、ご家族、親族たくさんの方が付添でお越しになる方がいらっしゃいます
お越しの際、院内へは患者さまひとりに対し保護者、介護者1名で対応をお願いする場合があります

またおひとりで複数のお子様のお世話をされている保護者の方で
来院時お子様の預け先が確保できずお連れになる場合は遠慮なく受付にご相談下さい

来院時には不織布マスクの着用をお願い致します

2歳以下のお子様を除き、来院時には不織布マスクの着用をお願い致します

来院時には手指消毒・体温計測をお願い致します

入口にアルコール手指消毒剤、院内に非接触型体温計を設置しております
ご来院の際ご使用下さい
アルコールにアレルギーがある、手が荒れるなどある方は手洗い場をご案内致しますので
受付スタッフまでお声掛け下さい

体調不良の方は来院をご遠慮ください

発熱や咳など症状のある方は来院をご遠慮下さい
予約されている場合はキャンセルのご連絡をお願い致します



新学期・新生活に向けてお薬の治療にワンランク上のニキビケアをプラスしませんか?

気になっていたトリートメントやレーザーを受けてみたかった方には
とてもお得な価格でのご案内になります
ぜひこの機会にチャレンジしてみませんか?
※当院でニキビ治療を行っている方のみが対象のキャンペーンです
初診の方はまずお電話でお問合せ下さい



2022年の医療用レーザー脱毛の新規申し込み受付を、2022年2月1日より開始いたします!
コースは定価より、22%(にゃんにゃんパーセント)OFFでのご案内です
はやと形成外科では、施術予約が『取れない』『取れにくい』を解消するため
期間をきめて新規申込を受付けています
2022年は例年より開始期間を早めて2月1日から5月31日までの受付です!


お申込みの流れ


● 初回カウンセリングにお越し頂くため、予約をお願い致します
● 初回カウンセリング当日は、問診→医師の診察・副作用合併症の説明→説明同意・料金の確認を行います
● お支払
● 施術予約

医療機関で受けられる脱毛の特徴、料金については
↓ ↓ ↓
医療用レーザー脱毛
ぜひご覧下さい


日光黒子(老人性色素斑)に対する
レーザー照射の診療予約受付を開始します

シミには種類があり、日光黒子(老人性色素斑)と言われるタイプのシミにはレーザー照射での改善が効果的です
日光黒子(老人性色素斑)とは比較的色素の境界線がはっきりとした円形に近い形状の目立つシミのことです
はやと形成外科クリニックでは、夏の紫外線が強い時期はレーザー照射を休止しており
照射受付期間は10月から3月までです
次の手順でレーザー照射を受付ています

診療予約(1時間半程度のお時間を頂きます)

まずはお肌の状態を確認します、お肌の状態によっては照射できない場合があります
つぎに照射希望部位を確認し、大きさを計測、費用について説明します
照射時やその後に起こる変化や副反応について医師から説明があります
以上を踏まえ、照射を希望される方には照射日の予約をご案内します
※診療日当日のレーザー照射は行っておりません

照射予約日(照射予約は10月から3月までとなります)

診察時にお渡しした説明同意書にサインをしたものを受付にお出し下さい
照射する部屋にご案内します
照射部位を再度確認し、レーザー照射を行います
照射後、ご自宅で行って頂く処置方法、薬剤、処置材料について確認します
お会計後、終了です

照射2週間後

照射2週間後頃を目安に再診をお願いします
レーザー照射部位の状態を確認し、その後継続して頂くケアについて説明します
2週間後の再診がない場合、次回のレーザー照射をお断りする場合があります

レーザーは魔法の機械ではありません

日光黒子(老人性色素斑)はレーザーを照射することで比較的改善が図りやすいシミですが
痛みやダウンタイムがあります
(ダウンタイムとは・・・治療の過程で人前に出ることが憚られる時期のことです)
また、シミは一度のレーザー照射で消えてなくなるのではなく
もともとメラニン色素の状態によってはメラニン色素が残ったり
照射後の不適切なケアによっては反対にメラニン色素が増加してしまうことがあります

レーザー照射を希望する際の注意事項

肝斑があると診断された場合に、事前もしくは並行して肝斑治療を行う必要があります
リウマチ治療中もしくは治療経験者の方で「リザスト・リゾーラ」の内服歴がある方はレーザー照射できません
美容外科などで「金の糸」をしようしたリフトアップ施術を受けた方は当院でのレーザー照射ができません